CDが売れない?!音楽の本質とは関係ないかも!

音楽のCDが以前のように爆発的に売れないことが問題だと言われるようになってけっこう経ちますが、私はそのこと自体はあまり問題じゃないと思います。
音楽で食べている人は大変だと思うので、いちファンとしての意見です。

ネットが使えることが一般家庭でも普通になっているほど普及して、音楽もダウンロードで購入することが当たり前になってきつつある現状ですが、もともと音楽はモノでは無く、そのモノでは無いのをCDというモノに落として売ることが、2度手間だったともいえると思います。

CDを作る過程で二酸化炭素や廃棄物やらいろんなものが出ます。
配送の過程でもその分の日数やガソリンや排気ガスなども発生してしまいます。
それだけ人件費もかかるので、CD代に上乗せされ価格が高くなります。
ただその割りには、ダウンロードの価格があまり安くないとも思ってしまいますが。

ということなので、本来の音楽の姿に近づいたとも言えるのではないでしょうか。
YouTubeのような無料で音楽を聴けて見られるコンテンツは、多少はCDの売上減少に影響があるでしょうが、逆に知らなかった世界中のバンドやシンガーに触れられる絶好の機会でもあり、意識的に配信すればプロモーションの場にもなります。
音楽の本質とはあまり関係ないと思います。

参考サイト:CDを売るなら

CDを売るならブックオフ買取がいい?

私は、昔購入したCDを買取依頼に出しました。
自分の部屋の整理をしていてそのまま廃棄しようと思っていたのですが、少しでもお金になればと思い売る事にしました。

これまで古本やCDなどを買取に出した経験があまり無かったのですが、最寄りにあるブックオフに持ち込んで査定をして頂きました。
量も多かった事もあり自分が想定していたよりも高く売る事が出来ました。

捨てるつもりだったCDを買取してもらう事が出来て、部屋も片付いたので一石二鳥でした。
箱にまとめてブックオフに持っていきましたが、一個一個丁寧に査定してもらえた点は良かったです。

自分で店舗まで持って行く必要があるため、忙しい方は大変ですが、査定の時間も短時間で行ってくれるため、依頼をすると良いと改めて実感しました。
かなり古いものも査定して買取してもらえるので、捨てようと思う前に店舗に持ち込んで、売ると良いと思います。

古くなったCDが部屋に多く残っており困っている場合には、最寄りのブックオフなどの実店舗に自分で持ち込んで依頼すると様々な点でメリットがあります。
古本なども依頼出来るのもメリットと言えます。

CDを売るなら駿河屋の買取がいい?

最近はスマホやAlexaを使うようになり、CDで音楽を聴く機会が減ったので、思い切って大量に売ることにしました。

依頼したのが買取ショップの駿河屋さんです。
ネットで調べて、比較的高額で査定してくれるという口コミが多かったのが決め手です。

駿河屋はCDだけでなく、本・ゲーム・ DVD・おもちゃなども買い取ってくれるので、もう使わない品物をすべて売ることにしました。
というのも、方法が2種類あり、「あんしん買取」では見積もりで3000円以上、「かんたん買取」では品数が30点以上ないと送料を取られてしまうからです。

どちらにするか迷いましたが、万が一査定金額が規定に達しなかった場合、振込手数料と送料を取られてしまうので、「あんしん買取」で売ることにしました。

ただし、タイトルを検索して金額を確認する作業が非常に大変でした。
0円のものも多かったです。

結局、値段のつく品だけを梱包して着払いで駿河屋に送りました。
自分でショップに持ち込むよりは楽ですね。
ちなみに高額で買い取ってもらえたのは、昔の女性アイドルのCDでした。

今、悩んでいるのは、0円の価値しかなかったCDを、どうやって売るかです。
変な欲は出さずに、0円でも同梱して駿河屋に引き取ってもらえば良かったと後悔しています。